ジョージの誕生日

Dsc01208_sh04
       「イラスト ― アルバム『Cloud Nine』の頃のジョージ(1987年)」

 

 今日2月24日はジョージ・ハリスン69回目の誕生日です。(一説には25日)
一体どんなシブいジョージになっていたのか見たかったですね。
        (イラストの44歳のジョージもすでにシブすぎですが・・・)

しかし、彼の残したいくつもの名曲はこれからも燦然と輝き続けていくでしょう

今日は1987年リリースのアルバム「クラウド・ナイン」からのヒット・ナンバー
            「セット・オン・ユー」(Got My Mind Set On You )です。

        ♪ Set on You.

                2012・2・24      ― ショーン

|

ジョン・レノン生誕70年

Dsc01104_sh013
  「イラスト ― 生まれながらにして天才的なロック・シンガーであったジョン」

 今年2010年の10月9日でジョン・レノンは70歳になっていました・・・・・

一体どんな70歳になっていたのだろう、と つい考えてしまいます。
     (ジョンが亡くなってから30年という年でもある)

ジョン・レノンというとよく云われるのが「平和主義者」であるとか「平和活動家」
という晩年の素顔ですね。

しかし晩年のそうした側面ばかりではなく、やはり私個人としてはビートルズの
初期のロック・シンガーとしてのジョン・レノンを強くイメージしています。
それにしても彼の唯一無二のロック・ヴォイスやシャウトは美しく芸術的です♪

若くて少し生意気(?)な才能ある4人のアイドルの頃がビートルズらしく、また
ジョンらしい・・・と勝手に思っているんです(汗)

1962年10月にデビューし、64年2月にはアメリカ初上陸 ―― 大成功を
おさめ世界的な人気を得てロック史(ポップス史)に不動の名声を残します。

そんなアメリカ上陸直前の1963年11月、ビートルズはイギリス王室主催の
ロイヤル・バラエティ・ショーに出演します。
エリザベス女王やマーガレット王女など王室のメンバーが見守るその舞台で
ビートルズはその洗練された演奏を披露しました。
当時ビートルズはイギリス国内ではすでに有名なグループになっていました。
そんな若者に人気のあるロック・バンドを王室はその年に招待したのでした。
     (マーガレット王女もビートルズ・ファンである)


そして最後の「ツイスト・アンド・シャウト」を紹介する M C で歴史的名言が
生まれました。

 そう、有名なジョン・レノンの「宝石ジャラジャラ発言」です ――

マイクの前に立つジョンは前曲の拍手が鳴りやむタイミングで話し始めました。


「次の曲では皆さんのご協力をお願いします・・・
         
    安い席の方は手拍子を・・・


  その他の方は宝石をジャラジャラ鳴らしてください」

          

                
                      (※ 以下のリンク映像で鑑賞できます)



 
想像してみて下さいね、なんと大胆でウイットに富んだ発言でしょうか ――

日本でいえば少し極端に例えると(?)皇室主催の舞台でこうした格差社会
的な皮肉をデビューしたてのロック・バンドが堂々と話すようなものなんです。
これもジョン・レノンという人の一面であり大きな魅力のひとつでしょうか。


ビートルズの4人はそれぞれがウイット、ユーモアに優れ、数々の名言、珍言
を残しています。
今回は割愛しますが、また機会がありましたら彼らの機知に
富む発言をご紹介できれば・・と思います。


冒頭で述べましたジョンの「平和主義者」的なイメージはもちろん、デビュー時
(以前も)からこうした人間的魅力に溢れていたことが、解散から40年を経た
今でも数々の名曲と共にあらゆる世代から支持されているのでしょうね。

      今回は人間ジョン・レノンをリスペクトし記事にしました ――

   ♪ ツイスト・アンド・シャウト (1963・11・4 ロイヤル・バラエティー・ショーより

                         2010・10・9  ― ショーン 

|

 リンゴの誕生日

Dsc008821123

   
















   「イラスト ― マッシュルーム・カットとしては一番長かった1966年のリンゴ」

今日は七夕night ―― そして我らが (?) リンゴ・スター69回目のバースデーです!

いやぁ~、先月のポールに続きリンゴも60代後半なんですね~(汗)birthday
と、ふと気が付くとビートルズの4人は私の親と変わらぬ世代なんですね。
なんというか・・改めて感慨もひとしお・・・・・

今さらながら思うこと・・・それは、リンゴがいなかったらビートルズはもっと早く
解散していたんでしょうねぇ、ということ・・そう思わずにはいられない彼の愛される
人柄は、ビートルズサウンドをほどよく温かく、しかししっかりと支えているのです。

どの曲にもリンゴのドラムは存在感を放ちながらも曲を引き立たせるそのセンス
が光り、まるで空気のように溶け込んでいながら「なくてはならないプレイ」
刻んでおりますね~、まさに「素晴らしい」の一言。
  これは不思議と年齢を重ねるほどに感じる部分なんです。

 ポール同様、リンゴにもまだまだ活躍してほしい半面、健康には気をつけて
ジョン、ジョージの分まで (?) 長生きしてほしいなぁ・・・と思う今日この頃です。


                    2009・7・7   ― ショーン

   ♪ アクト・ナチュラリー 
      (バック・オーウェンスの1963年のヒット曲をカヴァー)

|

ポールの誕生日

Dsc008571123
     「イラスト ― ヘイ・ジュードを熱唱するポール(1968年)」

      Happy Birthday!

 
  6月18日 ―― ポール・マッカートニーの67回目のバースデーですbirthday

1962年のビートルズ・デビューから~なんと47年もの間、常にトップ・スターとして
君臨しているポール。
  他にこんなスターなんて知りませんっっっ!(←断言 !? )

その間、ジョン、リンダ、ジョージ・・・そしてたくさんの仲間との別れがありましたsweat02
しかしポールが世界を照らした素晴らしい名曲の数々は、宝石のごとくこれからも
輝き続け、感動を与えていくことでしょう♪

ここ数年のポールはステージでときおり目を潤ませたり、感慨深げに歌うことがあり
ます。 やはりさまざまな思いがその都度去来するのでしょうか(涙)。

 これからも元気に歌うポールが見たいですね!! (リンゴもねscissors

                          2009・6・18  ― ショーン

       ♪ ヘイ・ジュード

       ♪ ヒア・トゥディ
          (ジョンを思い出し、思わず歌詞につまってしまうポール・・・)

|

♪ 美しき人生

Dsc00653123
           「イラスト ― 1970~71年頃のジョージ」

   2月はジョージの誕生月――う~ん、シブい 66歳になっていたんでしょうね。

イラストの頃のジョージは音楽活動に精力的で、「オール・シングス・マスト・パス」など
の大作も発表し、ビートルズ時代とはまた違った大人の輝きに満ちていました。

そんな彼の集大成的アルバム「オール・シングス~」には名曲がいっぱい~!
 私が特に好きなのは、タイトル曲「オール・シングス・マスト・パス」や「美しき人生」、
                                       (What Is Life.)
 「アイド・ハヴ・ユー・エニィタイム」に「マイ・スウィート・ロード」(月並みですが・・汗)

    皆さんはいかがでしょうか?
 
  まだ未聴の方がいましたら、こちらから聴けますよ~♪ 

             ♪ 美しき人生 (What Is Life.)

             ♪ アイド・ハヴ・ユー・エニィタイム 、シブい・・・

             ♪ マイ・スウィート・ロード                


                              2009・2・23  ― ショーン

|

スターティング・オーバー

Dsc00513111

    

        今年もこの日がやってきました・・・・・

 
 12月8日は67年前の真珠湾攻撃の日であり、28年前のジョン・レノンの命日
でもあるのです。

こうした悲劇はもう繰り返してはいけません――人類が争うことなく平和で穏やか
に過ごせたらどんなに素晴らしいことでしょうか。
ジョンが名曲「イマジン」で歌ったユートピア精神をひとりひとりが心のどこかに
持ち続けることで、少しずつ「理想」へ近づいていけるのかも知れませんね。

今回は多くを語る必要はありません・・・28年前、ジョン・レノンが再出発を果たした
ヒット・ナンバー2曲じっくりと聴こうではありませんかっ!!

 
          ♪ Starting over.

                      ♪ Woman.

ダブル・ファンタジー(紙ジャケット仕様) ダブル・ファンタジー(紙ジャケット仕様)

アーティスト:ジョン・レノン,YOKO ONO,ジョン・レノン&ヨーコ・オノ
販売元:EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
発売日:2007/12/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

プロフ ― ④ ジョージ

Dsc00601112
          「イラスト ― グレッチはジョージのお気に入り」
 
 
 
 さて、今回は以前よりみなさんからのリクエストが多かったジョージのプロフ
です。 ジョン、ポール、リンゴ~と順次アップしてまいりましたが、ジョージに
ついては来年2月の誕生日・・とかなり遅れて記事になるような予定でした。

 
 しかし、先月から何通もジョージのプロフについての早期アップを
依頼するメールをいただき、今回の掲載となりました。
 最近仕事の多忙で、あまり部屋でゆっくりとイラストを描くことが難しい
日々が続いており
、すぐにご期待に応えられる状態ではありませんでしたが、
今回もみなさんの熱いメール(笑)に後押しされ、なんとか?描き終えました~
 応援してくれるみなさんへ改めて感謝を申し上げたいと思います!
                    (またしてもマンガっぽいですが・・・汗)

                   (以下、ビートルズ・マンスリー1985年3月号より)
 
   ☆ ジョージ・ハリスン

  生年月日:1943年2月25日(24日とも)
  身  長 : 5フィート11インチ (180.5cm)
好きな食物 : ラムチョップス、ポテトチップス
 好きな色 : 黒、ブルー
   趣  味 :車、ドライブ
 嫌いな物 : 散髪、砂糖抜きの紅茶、夜の長距離旅行
好きな歌手: アーサー・キット、カール・パーキンス、
        リトル・リチャード




 と、おそらくデビュー当時の取材でのデータだと思いますが、若干20歳
ほどのジョージの返答はシブいですよね~~っ!

身長に関しては、ステージでブーツを履くので6フィートだと主張したとか(笑)

 ジョージは楽器はもちろん、ファッションにもこだわりがあったそうで、
後期のジョンとジョージの個性あふれるファッションは、当時の若者に
音楽とともに支持され影響を与えたそうですね。
 ホント、ナイスガイな4人の集団「ビートルズ」です♪

Till There Was You. (若きジョージのナイスなプレイ!)

                    2008・10・17   ― ショーン


<参照~これまでの3人のプロフ記事>

 ☆ジョン・レノン   ☆ポール・マッカートニー  ☆リンゴ・スター

|

プロフ - ③ リンゴ

 Dsc00483112
    

   ☆ 7月7日 ―― 七夕です。

  と同時に、親愛なるリンゴの68回目のバースデーでもあります!

 先月のポールの66歳といい、リンゴも68歳ですかぁ・・・・・
1960年代――世界を席捲したスーパー・グループ「ザ・ビートルズ」も
そんな年代になったんですね・・(当然ですが)

と感慨に浸っている場合ではなく、今回はリンゴ・スターのプロフィールを
記事にします♪ 
 (※ 例によって、データは「ビートルズ・クラブ」の1985年3月号から引用)


 ☆ リンゴ・スター

 
 本名:     リチャード・スターキー
 生年月日:  1940年7月7日
 身長:     5フィート8インチ(約173cm)
 好物:     ステーキ、ポテトチップス
 苦手なもの: 早朝の公演、玉ねぎ、オートバイ、ドナルドダック
 趣味:     車(ドライブ)
 好きな色:   黒
 好きな歌手: レイ・チャールズ、ダイナ・ワシントン

 

 メンバーの中では一番最後にグループに加わったリンゴですが、
その温かい人柄ですぐに溶け込み、またドラマーとしても超一流のプレイで
ビートルズ・サウンドを支えてきました。
彼のドラミングがいかに素晴らしいかは今さら言うことでもありませんね!
ビートルズの残した200曲以上の作品からは、唯一無二のリンゴのプレイ
が堪能できます。
 リンゴは淡々と しかしグルーヴのあるビートを刻みます。

リンゴ曰く、「派手なフィルやドラム・ソロは退屈なんだよ」~と言ったとか。
 こうした彼だから言えるセリフは嬉しいですね。

 年齢を重ねるほどに素敵なシブミを刻むリンゴの表情は、
   彼の刻むビートのようにいつも温かく自然体です――。

  

  リンゴ自身のお気に入りプレイのひとつ~
       アルバム「パスト・マスターズVol.2」より、

        ♪  Rain.  
                 (サイケでインド風~新鮮な1966年の作品)

|

プロフ - ② ポール

Dsc00530112 

                  ハッピー・バースデー、ポール!!(マンガ風)

 今日6月18日はポール・マッカートニーの66回目の誕生日であります!
最近のポールはあのへザー・ミルズとの離婚や新恋人?の話題で注目
されていましたが、やはりポールは今は亡きリンダが一番のパートナー
だったのだと思います。(哀)

 さて今回はジョンのプロフに続き、ポールのプロフィールを改めて記事に
したいと思います。 前回のジョン同様、データは「ビートルズ・クラブ」の
月刊誌 ―― 85年3月号からの引用となります。

       本名:  ジェームズ・ポール・マッカートニー
    生年月日: 1942年6月18日
       身長: 5フィート11インチ(約180.5cm)
       体重: 11ストーン4ポンド(約71kg)
    好きな色: 黒
 好きな食べ物: ステーキ、チキン、ミルク、コーク
       趣味: 作詞・作曲
    嫌いな物: ヒゲソリ、南部風チキン
   好きな歌手: チャック・ベリー、レイ・チャールズ、ペギー・リー

 
 と、趣味が作詞・作曲とはさすが?でございます・・・(笑)
ヒゲソリが嫌いというのも意外な感じですね。

永遠のベビーフェイスであるポールも年を重ね、ワールド・ツアーも
それは大変だろう~と思いきや、昨年のツアーの様子を見ると
往年のビートルズ・ナンバーを同じキーでいとも簡単に歌っているでは
ありませんかっ!!
ただでさえビートルズ・ナンバーはキーの高い作品が多く、聴くのと
歌うのとでは全く違います~!(←断言・・笑)

私はカラオケではキーコンをフルに使い(汗)、かなり下げて歌うので、
友人たちからは 「なんか別の曲みたい・・・」と感心されております(哀)。

 ポール、いつまでも健康で素晴らしい歌声と作品を発信して下さい!

  ☆それでは懐かしい「イエスタディ」の映像を~♪    こちら
   (1966年の来日時の武道館での熱唱)

  ☆こちらも有名なアコースティック・ヴァージョン♪   こちら
    (ジョンとジョージのユーモアにも注目!)   

|

ビートルズ・ベスト30

Dsc0052312
            

                               

  前々回の記事「ブログ記事ランキング」がおかげさまで好評とのメールを
たくさんいただき感謝しております。
私自身、過去のエントリー(記事)をふり返るいい機会となりました。

 さて、「ランキング」に味をしめた(?)わけではありませんが、昨年、私なりに
ビートルズのベスト50をまとめてみました。
プロフにも掲載しております「ビートルズ・ベスト50」の冊子より、今回は
そのうちの「ベスト30」を発表したいと思います。

もちろん、私個人のベスト30でして、皆さんそれぞれのランキングとは
多少なりとも(?)異なると思いますのでご了承下さい。それでは――
 
私の思い入れの深い「ビートルズ・ベスト30」をご紹介しましょう♪

 
☆1:
 In My Life 
    (哀愁あるメロディとワードが最上の形に)

  2: Let It Be
    (荘厳で深みのある名曲、間奏も素晴らしい)

  3: Please Please Me
    (初期で最も新鮮で刺激的なナンバー)

  4: She Loves You
    (初期のトレードマーク“Year”が印象的)

  5: Something
    (ジョージの集大成のようなラブソング)

  6: Here, There And Everywhere
    (“メロディメーカー”ポールの哀愁バラード)

  7: Help!
    (キャッチーなメロディにジョンの心の叫びの妙)

  8: A Hard Day's Night
     (ジョンのドライヴした絶品ヴォーカル)

  9: Here Comes The Sun
    (太陽が昇る爽やかなイメージが完璧)

 10: Hey Jude
    (ポールの動と静が渦巻くスタンダード)

 11: Nowhere Man
    (塊りのように円熟した名コーラス)

 12: Martha My Dear
    (クラシカルで上品、愛らしい曲)

 13: If I Fell
    (恋におちたら、聴きたくなる !? )

 14: Oh! Darling
    (どこか懐かしい、ソウルフルなナンバー)

 15: Ticket To Ride
    (独特なリズム・パターンに哀愁のヴォーカル)

 16: Rain
    (リンゴの素晴らしいドラミングと革新性のある曲調)

 17: All My Loving
    (宇宙から降ってきたような不思議なナンバー)

 18: Strawberry Fields Forever
    (創造性、革新性、精神性、現代でも異彩を放つ名曲)

 19: I've Just Seen A Face
    (ポールお得意のトーキング調ブルーグラス風ナンバー)

 20: This Boy
    (リンゴのテーマとも呼ばれる、美しい三声コーラス曲)

 21: Yes It Is
    (This Boyをさらに進化させた三声コーラスの隠れた名曲)

 22: Ask Me Why
    (ジョンの独創性を感じる初期の鳥肌ナンバー)

 23: The Night Before
         (ソールズベリー平原で唄う映画のシーンを思い出す)

 24: I Feel Fine
    (世界初?フィードバック入り、ポップロック・ナンバー)

 25: Girl
    (ポールの“Michelle”と対比される隠れた名曲)

 26: I'll Follow The Sun
    (シンプルながらメロディアス、愛らしい作品)

 27: Lady Madonna
    (原点回帰、軽快な50年代ロックンロールの調べ)

 28: Norwegian Wood
    (シタールを用い、無国籍風な雰囲気が漂う)

 29: A Day In The Life
    (芸術的なエンディングの衝撃と余韻)

 30: Taxman
    (革新的なベースプレイ、骨太なサウンドが素晴らしい)  
 

以上の結果になりましたが、彼らの名曲に順位はさほど

意味がないのかもしれませんね。

その日の気分で多少選曲が変わってくるからです。

それは「名曲ぞろい」のビートルズならではのもの。

こんなスーパー・バンドは今後出現するのでしょうかっ!!(汗)

      

  皆さんのビートルズ・ベスト30(またはベスト3)は何でしょうか?

                          ―― ルーシー ――

|

より以前の記事一覧