サムシング

Dsc01108_123
       「イラスト ― 元祖ハニカミ王子? テディ・ボーイ時代のジョージ」

 

  今日のこの日、「ビートルズこの一曲」はやはりジョージのこの曲でしょうか。

名盤アビイ・ロードの中にあっても、ひときわ燦然と輝く名曲「サムシング」です♪

メロディはもちろん、構成やアレンジにおいても全く非の打ち所がなく、その哀愁の
ソロ・フレーズはギター・キッズが憧れた名プレイ
と評されていますね。

当時は親友のクラプトンが弾いているのでは???などの信じられない噂も立ち
ましたが、独特のフレーズやタッチから、やはりジョージのプレイであると確信でき
ます。 
ジョージのプレイといえば、どちらかというと全体をきっちりとピッキングをし、押さえ
の左手がねちっこい(?)感じがします。クラプトンの方はピッキングに強弱(抑揚)
をつけるブルース・スタイルなので、比べると違いが分かり易いかも・・・

さて、ビートルズでの彼の集大成のようなこの名曲「サムシング」は、同アルバムの
「ヒア・カムズ・ザ・サン」と並んでこれからも世界の人々を魅了し続けるでしょう。

   
     う~ん、ジョージの曲ってどこか「温もり」を感じさせますね。



今夜はジョージの名曲を聴きながら過ごし――、
    
     そして先日 永眠した私の最愛の母にこの記事を捧げたいと思います・・・

         
                 ♪ Something .



                          2010・11・29   ― ショーン

|

ジス・ボーイ

Dsc01100_123
「イラスト ―“This Boy”・・・1本のマイクを3人で囲む印象的なスタイルのナンバー」

 来月10月はビートルズのデビューをした月(5日)であり、ジョン・レノンの誕生月
(9日)でもありますね。

と、その前に久々の更新(汗)なので、「♪ビートルズこの一曲」をお届けします。

今回は彼らがデビューして間もないナンバーから「ジス・ボーイ」(This Boy)です。


ビートルズの5枚目のシングルとして1963年11月に発売され、A面は言わずと
知れた「抱きしめたい」というアメリカ上陸直前の勢いのある4人がここにあります。

邦題としては当時 「こいつ」(←なぜ??)でしたが、ここ最近?は原題が主です。
歌詞は、恋人を奪われた男がいつか元に戻したい~的な、切ない内容ではあり
ますが、なによりこの曲の聴き所はジョン、ポール、ジョージの3人による絶妙な
ハーモニー
でしょうね♪
サビではジョンがメイン・ヴォーカルで聴かせますが、メロディ部分での3人の
クールな3部コーラスにはゾクゾクします。

また、映画「ア・ハード・ディズ・ナイト」の中でリンゴが登場する川辺のシーンで
 流れるこの曲(インスト・バージョン)も、ほのぼのと印象的な演出効果があり、
 「リンゴのテーマ」として記憶されている方も多いことでしょう。


この曲を初期ビートルズの隠れた(?)ベスト・ナンバーと挙げる人も多く、その
続編ともいわれる「イエス・イット・イズ」(1965年作)と共に「B面の中では上位」
にランクされることの多い優れたナンバーなのです。
A面の「抱きしめたい」のポップで派手な曲調とは異なり、アイドル人気の渦中に
あって、実にクールで繊細なメロディであることに驚かされます。
ビートルズに限っては、「B面であっても名曲の宝庫」と云えましょう~♪
(それにしてもA面、B面というレコード盤での名称もなんだか懐かしい・・汗)

初期のライヴでは演奏されることも多く、1964年2月のアメリカ初上陸の際、
有名なエド・サリバン・ショーワシントンD.C.でのライヴでその卓越した
パフォーマンスを堪能することが出来ます。
当時の音響設備から考えても(現在では常識のモニターなどの類がない!)
あの絶叫する観客の中で聴かせるハーモニーには驚がくするばかりです。

彼らが単なるロック・バンドではなく、実力派ヴォーカル・グループであることを
再認識するナンバー
のひとつであることが嬉しいですね。
 
 ※ アルバム: 「パスト・マスターズVol.1」(PAST MASTERS・VOLUME ONE)収録

 
  
  では、リンク映像からお聴き下さい♪

   ♪ This Boy 


                     2010・9・27  ― ショーン

|

イエスタディ

Dsc01086_1234
    「イラスト ― 1966年に初来日し、武道館でイエスタディを熱唱するポール」

今月18日はポールの68回目の誕生日でありbirthdayあの1966年のビートルズ来日から
44年目という季節でもあります♪

「ビートルズで好きな曲は?」「ビートルズで知っている曲は?」といった質問で
よく聞かれるのが「レット・イット・ビー」、「ヘイ・ジュード」、「イエスタディ」、「ヘルプ」
などなど~200曲を超える彼らの作品の中でも特に人気のある曲ですね。

そんなポピュラーな名曲の中でも群を抜いて (?) 突出して有名なのが今回記事に
しました「イエスタディ」なんです。
このモンスターのような名曲はこれまで3000以上のアーティストにカバーされて
いるといわれ ギネスに登録されているようです。
プレスリーやレイ・チャールズのヴァージョンも有名ですね。

「イエスタディ」の有名なエピソードに、作曲者のポール・マッカートニーのこんな話
が知られています。

なんと    “寝ている間に(夢の中で)出来ていた”    とのこと(汗)sweat01

やはり天才の成すことは凡人の理解を超越しますね~(大汗)

しかしポール自身もさすがに不安 (?) に感じたのか、翌日他のメンバーや関係者
に曲を演奏して聴かせ「他曲のパクリ?」ではないことを確認したとか(オチャメ)good

それだけ簡単に自然に出来上がったとは・・・この名曲は近寄り難いですcoldsweats01

 こうしたことからもポールはよく現代のモーツァルトともいわれますね。



イエスタディ・・・・・有名すぎて私なんかはあまり普段じっくり聴かなくなってしまって
いましたが、ポールを語るに外せない永遠のスタンダードであるこの曲を今夜は
久しぶりにじっくり聴いてみようと思います♪happy02

     ♪ 武道館でのイエスタディ(1966年)

                     
                        2010・6.14  ― ショーン

|

 タックスマン

Dsc0100415555   
      「イラスト ― 活動中期からその存在と才能が輝きを増したジョージ」

 

  ジョージ・ハリスンが旅立ち11月29日で8年が過ぎようとしています。

私自身、歳を重ねるうちに若い頃とは違った感覚で彼らの作品を聴いていることに
ふと気付きます。
そして特にジョンとジョージの曲は年々心に深く染み入るように感じ、自分なりの
                               (もちろんポールも)
解釈にたどり着く不思議な気分にさせてくれるようです。

今回の「ビートルズこの一曲」は、そんなジョージの名曲のひとつである
「タックスマン」(って、税務署員・・・)を取り上げたいと思います♪

日本中を包み込んだ「ビートルズ台風」――1966年6月の来日はまさにそんな
社会現象でした。 (ビートルズ来日記事参照)

コンサートととしては初めて使用された日本武道館――淡々と演奏していた印象
の彼らでしたが、実は当時すでに彼らの大きな転換期と呼ばれる名アルバムの
「リヴォルバー」を制作し終えた直後だったのでした。
 (※ タイトル名は来日時の厳重な警戒態勢から名付けられた、といわれる)

この「リヴォルバー」は次作「サージェント・ペパー~」に並ぶほどその後のポップ・
ミュージックに大きな影響を与えた名盤
であり、次世代アーティストの指針ともなる
ような革新的アルバムでした。
近年、ビートルズのアルバムの中でも必ずと言っていいほどベスト3にランクされ、
またミュージック・シーンにおいても、いまだに上位に位置するというモンスター・
アルバムなのです。

この時期の彼らは「ツアーからスタジオへ」のハザマにあり、2ヶ月半というそれまで
の彼らにはない長期間でのレコーディングはさらに実験的で刺激的な作品を生み
出しました。
そんな歴史的名盤のオープニングを飾るジョージの「タックスマン」は、その後の
ビートルズのさらなる進化を予感させる強力なナンバーです。

シニカルな歌詞にどっしりとしたサウンドとキャッチーなメロディ~♪
            (特にポールのプレイするギター・ソロとベースは抜群!)

まさに1966年の空気と共に、躍動する彼らが詰まった瞬間が記録されています!

       ♪ タックスマン

           
                        2009・11・27   ― ショーン

|

オール・マイ・ラヴィング

Dsc01095_1234
     「イラスト ― コーラスでジョンとジョージが重なるシルエットもカッコイイ!」

 今回の「ビートルズこの一曲」は初期ビートルズの中でもかなり存在感があり、
まるで宇宙から突然やって来たようなヒット・ナンバー~~
       「オール・マイ・ラヴィング」です♪

1963年7月にレコーディングされたこの曲ですが、こうしたサウンドはそれ以前
にはたしてあったのでしょうか??と思うほど、斬新でカッコよく、シンプルで親しみ
やすい傑作! (なんと46年前とは・・汗)
1964年2月のファースト・アメリカン・ツアーの先陣をきったエド・サリバン・ショー
での記念すべきオープニング・ナンバー
。 (イラストはフロリダ・マイアミ版より)

彼らのアメリカ制覇はclose your eyes ~♪」から始まったと言っても過言では
ありませんね。 ポールの若々しいヴォーカルを支えるリンゴのタイトなドラム、
そして何といってもジョンの刻む世界一(?)有名な三連符のリズム・ギターはまるで
レーザー・ビームのようです。 ポールのランニング・ベースもはまり、とどめは
ジョージの「これしかない!」というような名ギター・ソロ♪
                        (ジョージ関連記事参照)

こうしたそれぞれの最上のプレイがわずか2分ほどに収められた奇跡!!
これだからビートルズはやめられませんね(笑)。
しかも、こうしたキャッチーで深い名曲がビートルズにはまだまだ控えているという
驚愕の事実は歴史も証明しております―― あ~楽しい(笑)!

         All My Loving. (初期の若々しい演奏)

      これからもゆっくり紹介していきたいと思います♪

                         2009・8・17  ― ショーン

    

|

イン・マイ・ライフ

Dsc00821111123
                       

                       「イラスト ― 1966年のジョン」

     ♪今回は久々に「ビートルズこの一曲」シリーズ (!?) です。

 前回の「レット・イット・ビー」に続きまだシリーズ2回目ですが、今回の曲も
世界的に人気のある名曲であります。

 1965年発表のアルバム「ラバー・ソウル」から「イン・マイ・ライフ」です♪

ジョン・レノンが若き日の思い出をノスタルジックに歌い上げた名曲――
メロディの良さはもちろん、ジョンの感傷的なヴォーカルも切なく魅力的。
随所にヨーロッパの香りがし、あらためてビートルズがイギリス出身なのだと
気付かせてくれるようです。
 (※ 尚、この曲に関してはジョンとポールそれぞれが作曲者と主張)

また、プロデューサーのジョージ・マーティン奏でる有名なバロック調のピアノ・ソロ
も最上の味付けで盛り上げていますね。

個人的に、この曲は聴き終えた後にも思わぬ効果(?)を感じます。
それは、総合的にかもし出すこの曲の「ノスタルジックな雰囲気」
切なく身体中に残響するような余韻をしばらく感じる気がするのです。

 聴くたびにさまざまな思いが浮かんでは消える不思議な曲ですが、夜ひとりで
聴くととても素直になっている自分に「ハッ!」とすることがありますね(笑)♪


                         2009・5・18  ― ショーン

        ♪ In My Life.

《送料無料》ザ・ビートルズ/ラバー・ソウル(CD) 《送料無料》ザ・ビートルズ/ラバー・ソウル(CD)

販売元:ぐるぐる王国 楽天市場店
楽天市場で詳細を確認する

 

|

レット・イット・ビー

Img00612
             「イラスト ―― 切々と歌い上げるポール」

  え~、今回から
「ビートルズこの一曲」を始めたいと思います。
         
 (かなり不定期ではありますが・・ご了承下さい・・汗)

「レット・イット・ビー」
―― 皆さんご存知のビートルズの名曲ですね。
この名曲が収録され1970年に発売された同名アルバムでしたが、前年の「アビィ・ロード」の完成度からすると、当時は実に散漫な(評価)印象だったようです。
   (録音順ではレット・イット・ビーの方が先)
こうしたことから見ても、その当時のビートルズ自身、そして彼らを取り巻く状況がいかに混乱?!していたかが想像出来ます。
そして解散――ついにビートルズはその活動に終止符を打つのです。

そんな四人がバラバラになりかけていた1969年にこの名曲は誕生しました。
気持ちの離れかけていたメンバーをポールはなんとかまとめようとしていたのです。
ビートルズを「卒業」したい他のメンバーと、昔のようにバンドとして続けたいポールとの姿勢のズレ・・・双方の気持ちが分かる気がして余計に切なくなりますね・・・。

私はこの曲を聴く度に、そうした背景も浮かびながらも荘厳で神聖な感覚に包まれるのです。 実は私のこれまでの生涯で、自然と涙が出てきた数少ない曲のひとつなんです。
歌詞のよさもそうですが、やはりシンプルながらも感動的なメロディに自然に熱くなれるのです。 これは他のスタンダード・ナンバーにも共通して言えるのでしょうね。

今回リンクしたセッション映像でのポールは、気のせいか目を潤ませながら切々と歌っています。また、ヨーコさんもジョンのそばに座っていたり、ジョージやリンゴといえば表情に元気がありません。当時の暗い(笑)雰囲気が感じられます・・・。
しかし、いざ演奏に入ると彼らの集中力は驚異的ですね。ラフながら落ち着いたグルーヴを感じる素晴らしい演奏です。
個人的にはアルバム・ヴァージョンのギター・ソロが大好きで、数あるビートルズ・ナンバーでもベスト・プレイのひとつといえるのでは? そして、その素晴らしいフレーズに憧れた世界中のギター・キッズは必ず一度はコピーしたくなる、と言われていますね。

もうすぐ1月30日――、伝説の「ルーフ・トップ・コンサート」(アップル屋上でのライヴ)から39年が経とうとしています。 冬の寒空の下――突然のライヴに騒然とする
周辺・・・警官達の動揺する模様から市民の反応まで映像に見ることができ、当時の
空気までも感じられるビートルズ最後のライヴでしたね。 
そのライヴから「ゲット・バック」、「ワン・アフター・909」も映像リンクしました。
みなさんにも当時の熱い演奏をぜひ体験してみてほしいなぁ、と思います♪

   ☆ Let It Be.

   ☆ Let It Be.(アルバム・ヴァージョン)   
   
   ☆  Let It Be.(シングル・ヴァージョン)

       ☆ Get Back.(アップル屋上ライヴ)

   

レット・イット・ビー Music レット・イット・ビー

アーティスト:ザ・ビートルズ
販売元:EMIミュージック・ジャパン
発売日:1998/03/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|