« 2010年6月 | トップページ | 2010年10月 »

ジス・ボーイ

Dsc01100_123
「イラスト ―“This Boy”・・・1本のマイクを3人で囲む印象的なスタイルのナンバー」

 来月10月はビートルズのデビューをした月(5日)であり、ジョン・レノンの誕生月
(9日)でもありますね。

と、その前に久々の更新(汗)なので、「♪ビートルズこの一曲」をお届けします。

今回は彼らがデビューして間もないナンバーから「ジス・ボーイ」(This Boy)です。


ビートルズの5枚目のシングルとして1963年11月に発売され、A面は言わずと
知れた「抱きしめたい」というアメリカ上陸直前の勢いのある4人がここにあります。

邦題としては当時 「こいつ」(←なぜ??)でしたが、ここ最近?は原題が主です。
歌詞は、恋人を奪われた男がいつか元に戻したい~的な、切ない内容ではあり
ますが、なによりこの曲の聴き所はジョン、ポール、ジョージの3人による絶妙な
ハーモニー
でしょうね♪
サビではジョンがメイン・ヴォーカルで聴かせますが、メロディ部分での3人の
クールな3部コーラスにはゾクゾクします。

また、映画「ア・ハード・ディズ・ナイト」の中でリンゴが登場する川辺のシーンで
 流れるこの曲(インスト・バージョン)も、ほのぼのと印象的な演出効果があり、
 「リンゴのテーマ」として記憶されている方も多いことでしょう。


この曲を初期ビートルズの隠れた(?)ベスト・ナンバーと挙げる人も多く、その
続編ともいわれる「イエス・イット・イズ」(1965年作)と共に「B面の中では上位」
にランクされることの多い優れたナンバーなのです。
A面の「抱きしめたい」のポップで派手な曲調とは異なり、アイドル人気の渦中に
あって、実にクールで繊細なメロディであることに驚かされます。
ビートルズに限っては、「B面であっても名曲の宝庫」と云えましょう~♪
(それにしてもA面、B面というレコード盤での名称もなんだか懐かしい・・汗)

初期のライヴでは演奏されることも多く、1964年2月のアメリカ初上陸の際、
有名なエド・サリバン・ショーワシントンD.C.でのライヴでその卓越した
パフォーマンスを堪能することが出来ます。
当時の音響設備から考えても(現在では常識のモニターなどの類がない!)
あの絶叫する観客の中で聴かせるハーモニーには驚がくするばかりです。

彼らが単なるロック・バンドではなく、実力派ヴォーカル・グループであることを
再認識するナンバー
のひとつであることが嬉しいですね。
 
 ※ アルバム: 「パスト・マスターズVol.1」(PAST MASTERS・VOLUME ONE)収録

 
  
  では、リンク映像からお聴き下さい♪

   ♪ This Boy 


                     2010・9・27  ― ショーン

|

« 2010年6月 | トップページ | 2010年10月 »