«  ギター練習法 | トップページ |  二十四の瞳 »

 アムンゼン

Dsc00125121         

              「イラスト - アムンゼンと南極のオーロラ」

 

1911年12月14日ノルウェーの探険家ロアルド・アムンゼンは人類初の南極点到達をはたしました。   しかし、その到達という歴史的快挙に至るにはさまざまな過酷な闘いがあったのです。

 1872年、ノルウェー・オスロ近郊で生まれたアムンゼンは、幼少期に「北極探険史」(ジョン・フランクリン著)を読み、極地探険家を志したといいます。 成長しオスロ大学で医学を学びますが探険への夢を諦めきれず、1897年ベルギーの探険隊(ベルギカ号)に加わり経験を積みます。 これらは結果的にすべて来たる「その日」に備えてのアムンゼンの準備となったわけなのですが・・・

 彼はその小さい頃からの夢であった「北極点到達」を実現すべく、同じノルウェー出身の探険家ナンセンから「フラム号」を借りると、北極へ向けての準備を進めるのでした。 そんな矢先、アメリカのピアリーが北極点へ到達した(1909年4月6日)という知らせを受けます。 動揺を隠し切れないアムンゼンでしたが、密かに南極点へ目標を変更し、モロッコの西、マディラ島付近まで航行した時に初めて乗員達へ南極点を目指すことを宣言します。 この時、乗員達はうすうす感じていたのか大喜びで賛同したといいます。 そして、南極を先に目指していたイギリスのスコット隊に早速電報を打つのでした。「我らもまた、南極へ向かう」 と。 

 電報を受けながらも、当初は南極の調査などでデータの豊富なスコット隊にとって、まるでデータに乏しいノルウェーのアムンゼンはさほど眼中にありませんでした。 データに沿って事を進めれば順調に極点への到達は実現出来ると考えていたのです。しかしスコット達にとって現実には厳しいスケジュールでした。学術調査をしながら極点へ向かう計画であったため、その往復距離はざっと3,000kmを超える大掛かりな調査となるものでした。    これは北海道の稚内から沖縄南端(石垣島など)までに匹敵する距離です。 

 一方のアムンゼンは南極点を目指すのみ、というはっきりした目的があったため、デポ(要所ごとに食糧や荷物を貯蔵する所)のポイントも明確にすることが出来ていたのです。 この目的への明確な計画や意識の点も、その後の両隊の運命を分けてしまうことになるのでした。

 アムンゼンは少年の頃から北極探険への憧れもあり、体力作りも行っていました。 また、冬でも部屋の窓を開けては耐寒訓練をしたり、船舶の資格を取るなど航海術も学び、エスキモーからは極地での行動の仕方を吸収していたのです。 ~準備は万全でした。

 1911年、南極も夏の期間が訪れると(南極では12~3月が夏の時期とされる)、いよいよ両隊は探険へ向けて出発を急ぎます。 アムンゼン隊はエスキモー犬約50頭とソリに分乗し、スコット隊は耐寒馬10頭と雪上車(電動ソリ)で出発。 ここに国の威信とプライドを懸けた人類史上最も長く過酷なレースが始まったのです。

 夏の時期とは言え、南極は気温マイナス30℃の世界であり、ひとたびブリザードになれば気温もさらに下がり、また視界も遮られる極限の世界!  それはのちにスコットの日記に記されていた   「極点への到達という名誉でもなければ、ここはとても恐ろしい場所・・・」 という記述にも表れているのでしょう。 

 レースが始まり一週間もすると、両隊の明暗は早くも現れます。 スコット隊の雪上車が故障し、寒さに強いはずの馬が次から次へと倒れていくのです。 結局、往路の半分を過ぎたところで頼みの馬が全滅してしまいます。 そしてこれは、300kg というソリを人力で曳くことになったことを意味しました。 悲劇の前兆とも思える致命的な出来事だったのです。 (後の分析では、この時に引き返していたとしたらスコット隊は全員生還出来たと言われている) 

 アムンゼンも時折ブリザードに悩まされながらも犬ゾリやスキーを活用し、徐々に極点へ近付いていました。 そしてついに、1911年12月14日アムンゼン隊は南極点に到達し、ノルウェーの国旗をそのポイントに翻すのでした!  冷静に正確な位置を計測し終え、「我々は1月25日には基地に帰るぞ」と隊員達に指示を出すとまっすぐ帰路につきます。(事実、1月25日に予定通り戻ります) 

 スコット隊は天候の悪化と体力の消耗でなかなか前進出来ませんでしたが、1912年1月17日ついに彼らも極点に到着するのです。 しかし、そこで彼らが見たものは、ノルウェー国旗とアムンゼンの残していった小さなテント(中には食糧と手紙が入っていたとされる)でした。 スコット一行は失意とともに帰路につくしかありませんでした。(その時の写真が残っていますが、がっかりと肩を落としたスコット隊が写っています) 

 その後のスコット隊はもう悲劇としか言いようがありません・・・  2月に入ると凍傷により一人が亡くなり、3月には一人が行方不明(覚悟の自殺といわれる)、残ったスコット達3人もブリザードと寒さ、そして体力の消耗で再びそこから動くことは出来ませんでした・・・近くのデポまであと18kmというところだったのです。   ――同年11月の捜索で発見された時、テント内には学術調査資料がきちんと並べられていたといいます。
 ――3月29日の最後の日記のページとともに・・・・・

 こうしてアムンゼンが南極点を制覇し 、男たちの生死をかけたドラマは幕を閉じたのです。 ちなみに、同時期に少し遅れて日本の白瀬 (のぶ)が南極点を目指していましたが、残念ながら途中で断念しています。 (日露戦争での勝利とこの白瀬の勇敢な挑戦は、当時世界に日本の存在をあらためて知らしめたと言われる) 

 その後のアムンゼンは、1925年に資産家のエルズワースと飛行艇で北極探険に挑んだり(これは失敗に終わる)、翌1926年には飛行船「ノルゲ号」で北極海横断飛行に成功します。 相変わらず極地探険家の第一人者として活動していました。  しかし、このノルゲ号による成功を、一緒に飛行していたイタリア人探険家  「ノビレ」が成功を独り占めにする行為に出たことで、二人は絶縁し不仲になります。 

 そんな中、1928年6月そのノビレの乗った飛行船が北極探険中に遭難してしまいます。 この時アムンゼンはそれまでの不和を断ち切るようにノビレ救出に向かうのでした。それは同じ探険家として極限状態を誰よりも知っていたからだとも、彼本来の紳士的な優しさからだとも言われます。その結果、ノビレは無事に救助されましたが、アムンゼンは二度と戻ることはありませんでした・・・・・ 資料では救助に向かった当日、スピッツベルゲン付近で消息を絶った、とあります。――同年10月、彼の乗っていた飛行艇の破片がノルウェー沖で見つかるのでした・・・

 「探険家は自宅では死なないものだ」 と何かで読んだことがあります。 彼ら探険家の行動には単に名声を得たいから、だけでは説明のつかないものがありますが、ひとつ言えることは、未開地への探究心が誰よりも強く行動的であるということでしょうか。 
アムンゼンにしても彼の顔に深く刻まれたシワは、何度も極限を生き抜いてきた証しでもあり、その純粋な瞳には未知への限りない好奇心が秘められていたのでしょう。 
 
~そこには何故かうらやましいくらいの
                  「男」を感じざるを得ないのです~


 
 ♪今日の選曲は、なんとも哀愁の男を感じるジョージの名曲です♪

 ☆ While My Guitar Gently Weeps.
    (ホワイト・アルバム収録の言わずと知れた名曲!~エリック・クラプトンの弾くリード・ギターが哀愁ある泣きのギターとして有名ですね~!)

アムンゼン―極地探検家の栄光と悲劇 Book アムンゼン―極地探検家の栄光と悲劇

著者:新関 岳雄,松谷 健二,エドワール・カリック
販売元:白水社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ☆ その人生を未知への探究に費やしたアムンゼン~彼の劇的な生涯を綴る1967年著作の貴重な復刻版!

 ※ なお、頂いたコメント、トラック・バックはスパム対策
   の為(最近多いんです)、確認をさせて頂いてからの
   掲載になります~ご了承下さいませ。


  

|

«  ギター練習法 | トップページ |  二十四の瞳 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!

先ほどは、拙ブログにお越しいただき、ありがとうございます!!

アムンゼン、凄いですね~。この本、面白そうですね。今度、読んでみようかな。

もしかして、伝記、お好きですか?
私も子供の頃にたくさん読んだのですが、大人になってからは、あまり読んでいません(笑)。
でも、もっと読んでみたい分野ではありますね~。

また、お邪魔させて頂きますね。ありがとうございました。

投稿: リーヴル | 2006年7月20日 (木) 09時58分

 リーヴルさん、コメントありがとうございます。

 伝記といいますか、偉人達の人間味溢れる側面が特に興味がありますね~、成功した部分だけではなく、数々の壁に直面したり挫折する中でどのように人生と向き合っていったのか~を一緒に(?)感じてみたいという気持ちから始めました。 人間が好きなんですよね、ハハハ。

 リーヴルさんのサイトの黄色っぽい感じも、人間の温かさを引き出し、和ませてくれる配色で落ち着きますね~、こちらこそどうぞ宜しくお願い致します~!

投稿: ルーシー | 2006年7月20日 (木) 21時05分

こんばんゎ(・◇・)

今回はアムンゼンですかぁ!アムンゼンとスコット…困難に立ち向かう人達の姿は、勇気と感動を与えてくれますよねぇ~
それにしても人間の好奇心と探検心は果てしないですネ♪

ところで、お気に入りサイトに入れて下さり、ありがとうございました。
私のブログ(URL欄)でも少し紹介させていただきました(事後報告でスミマセン…)。
いずれホームページのリンク集でも紹介させて下さい(今改装中なので、しばらくしてからだと思いますが…)。

ということでお互い運営頑張りましょ~☆

投稿: やぎ | 2006年7月20日 (木) 21時17分

 やぎさん、コメントありがとうございます。

 こちらこそ、サイトで紹介して頂きましてありがとうございます! 私も小さい頃、宇宙に魅せられてイラストを描きはじめましたが、やはり万物の根源は宇宙にあると思っています~。
 母なる~という表現は太陽であったり地球であったりしますが、その星々を育んだのは「大宇宙」ですし。

 アムンゼンはもちろん、探険家は必ず「宇宙」を意識したはずですし、見れば観るほど宇宙は懐かしくもあり、神秘的でもあると思います。その魅力はこれからも人間の知的好奇心をくすぐっていくことでしょうね~、ではまた伺いますね!

投稿: ルーシー | 2006年7月20日 (木) 21時38分

ルーシーさん

コメント、どうもありがとうございます!
スコットの伝記の内容はすっかり忘れているし、でもそれはスコット側から書いたものだったし。というわけで、この南極探検の記事、とても勉強になりました。
考えてみたらスコットの「電動ソリ」っていかにも産業革命が最初に起こった国らしいと言えばらしいですね…。(泪)

それと、南極観測船の「しらせ」って、この白瀬さんから名前をもらったんですかね?

では、また遊びに来ます!

投稿: みぎぃ | 2006年7月21日 (金) 00時39分

 みぎぃさん、コメントありがとうございます。

 仰るとおり、スコットは悲劇のヒーローでしたね~、アムンゼンもまた最後は探険家の常(?)なのか悲劇でした・・・

 残念ながら、スコットの「電動ソリ」が一体どんなものであったかは、今回分かりませんでした~写真が残っていれば見たいですね。

 南極観測船の「しらせ」はご想像どおり、白瀬矗(のぶ)から命名されたそうですよ。南極の地名にも彼にちなんだ「大和雪原」や「しらせコースト」という場所もあり、世界的にも敬愛されている方です。 ですので、私事ですが、今回記事にするにあたって~アムンゼン、スコット、白瀬矗~と誰を中心にしようか迷ったほどです。

 では、これからも宜しくお願い致します!

投稿: ルーシー | 2006年7月21日 (金) 01時06分

はじめましてこんにちは♪
当ブログへのコメントありがとうございます。
とても記事が興味深かったです。
アムンゼンの人柄がいいですね。
機会があったら本を読んでみたいです(^^)/

投稿: Chihaya | 2006年7月21日 (金) 14時43分

 Chihayaさん、コメントありがとうございます。

 アムンゼンと言うと悲劇のヒーローのスコットと対比されてしまい、伝記でも読まない限りなかなか彼の優しく誇り高い側面が知られていないようです。 今回の記事で、少しでもアムンゼンの人柄が伝えられたら~と思っていますね~。

 私も今回、アムンゼンの本を読み直してみました~偉人とは必ず何か心を打つ足跡を残してくれていて、先人から学ぶことの多さを実感しました。
 Chihayaさん、これからも遊びにいらして下さいね~ではまた!

投稿: ルーシー | 2006年7月21日 (金) 17時30分

初めまして。御堂と申します。

当ブログへのご来訪&コメントありがとうございます。

早速ながら、訪問しました。アムンゼンとスコットのエピソードって、小学生の時に国語の授業で習いましたが、感動モノですよね。

白瀬矗中尉のエピソードも感動なのですが、こればかりは当時の日本の状況を理解しないと、なかなか体感できませんしね!

ところで、当方のサイトにおいて、こちら様のサイトをリンク紹介したいのですがいかがでしょうか?

投稿: | 2006年7月21日 (金) 23時42分

北極とか南極とか「よくわからない場所」には非常に興味をひかれます。そこの探検を目標にしたことはないですが…(笑)。

アムンゼンの極地到達に対する意気込みがすごいですね。このくらいアツクなれる人生の目標が欲しいものです。
まったく知らなかったですが、南極到達後もいろいろ冒険を続けていたんですね。それに不仲だった人を助けにもいったなんて!でもそれで行方不明とは…。なんとも悲しい…。

アムンゼンの極点到達後の帰還は見事ですが、スコットは残念でした。あとちょっとだったんですかー。探検家には悲しい話がついてまわるのだなあ…。

投稿: ぴの | 2006年7月22日 (土) 03時18分

おはようございます

先日はご訪問有り難う御座いました。それにしても素晴らしいブログですね。文章に思い入れが現れていますね。読んでいるうちにどんどん引き込まれてしまいます。面白いです。

投稿: 男おいどん | 2006年7月22日 (土) 10時27分

 御堂さん、コメントありがとうございます。

 チャップリンの「街の灯」は感動でしたね~!
やはり、サイレント映画はとても味があり、今となっては貴重ですね。

 仰るとおり、アムンゼンとスコットの物語はとても感慨深く、一言では表せない感動です。

 リンクさせて頂けるのですか?ありがとうございます~、是非こちらもリンク貼らせて頂きますね、どうぞ宜しくお願い致します!

投稿: ルーシー | 2006年7月22日 (土) 21時36分

 ぴのさん、こちらにもコメントありがとうございます。

 そうですね~、アムンゼンのその後の人生もまた波乱万丈なまさしく冒険家の生涯であったと思います。 そういった仕事柄、悲劇的な最後を遂げる探険家たちでしたが、その勇気と信念は人々の記憶に深く刻まれることでしょうね~!

 これから、ぴのさんの「方広寺」の記事にもお邪魔しますね~!

投稿: ルーシー | 2006年7月22日 (土) 21時56分

 男おいどん( bbfalco)さん?、コメントありがとうございます。

 私の拙いブログの記事をお褒め頂きまして嬉しいです! できるだけわかり易く表現するように心がけていますが、あとから見直すとなかなか思うようにいっていないところもあり、まだまだ勉強中の身ですね~(汗)。

 これからも読みやすい記事をアップしていきたいと思っています~どうぞ宜しくお願い致します!

投稿: ルーシー | 2006年7月22日 (土) 22時16分

 コメントを頂きありがとうございます。また、体調不良のためコメントが遅くなり申し訳ありません。m(__)m

 アムンゼンとスコット、2名とも国の威信と誇りをかけての戦いだったのでしょうね。みぎぃさんのコメントにあるように産業革命と乗馬、そして動物愛護の国の軍人であるスコットと北極圏で学んだ小回りの効く犬ぞり使いであったアムンゼン。結果論ですけど、国の威信により勝負がついた可能性もありますね。ただ、スコットの遺した標本や学術研究に関する資料は、後世の南極観測には欠かせない資料ですので、今なお極地観測拠点としてアメリカが建設した観測基地としてその名を残す2名なのでしょう。

 そうですね、夏の暑い夜に寒い南極を駆けたアムンゼン、スコットそして白瀬に関する本を読むのもいいかも知れませんね。

 PS.今後とも、よろしくです。m(__)m

投稿: 「ぼく」 | 2006年7月23日 (日) 22時31分

はじめまして、ルーシーさん。
私のブログに遊びにきてくれてありがとうございます。

ルーシーさんからコメントをいただけたおかげで、南極点到達について、より深く知ることができました!

トラックバックも張らせていただきましたので、そのご報告とご挨拶まで。では、また!

投稿: まき | 2006年7月24日 (月) 00時23分

 ぼくさん、コメントありがとうございます。

 ぼくさんのサイトの記事にもあるように、私も南極には一度でいいので行ってみたいですね~っ! 彼ら3人と隊員たちが目指した極点(毎年南極点は動いていますが)というものを実感したいです~が、現実にはいろいろと難しいのかなぁ・・・。

 仰るとおり、スコットの残した貴重な資料は、彼の意思とともに後世の科学者へ確かに受け継がれましたね~。 そして、アメリカのアムンゼン・スコット基地~そのネーミング同様、闘いを終えた2人が熱く握手をしているような気がします。
こちらこそどうぞ宜しくお願い致しますね~!

投稿: ルーシー | 2006年7月24日 (月) 00時56分

 まきさん、コメント&トラバありがとうございます。

 とても個性的なレイアウトのサイトですね~インパクトがかなりあります!

 いえいえ、私の記事は詳細とまではいきませんが、大筋としては表現出来ていたようだ~と感じて頂けたら嬉しいですね~。 また、南極点もそうですが、山頂への初登頂などでも熱い人間達のドラマもありましたし、今後機会があれば記事にしたいと思っていますよ~。

 では、今後ともよろしくお願い致しますね~!

投稿: ルーシー | 2006年7月24日 (月) 01時07分

ルーシーさん、こんにちは。ブログへの訪問&カキコ、誠にありがとうございます。あなたのブログは素晴らしい内容ですね。ルーシーさんの才能が全て生かされています。見覚えのあるイラストが僕の記憶を蘇らせました。お互いに信じた道(夢)をまっしぐらに突き進みましょう。また訪問させていただきます。ルーシーさんも折りをみて御訪問ください。

投稿: 里中太一 | 2006年7月25日 (火) 23時36分

 里中さん、早速のコメントありがとうございます。

 懐かしい方に再会したような温かい気持ちです。 その節は大変お世話になりました~いまだご恩を返し切れず申し訳ありません。私もお会いしたいとは思っておりましたが、ご連絡先が不明となってしまい・・・、こんな形でのご挨拶をお許し下さい~お元気そうで何よりです。

 夢とは人を励まし、温かい気持ちにさせてくれる希望と言う名の良薬ですね~夢先案内の冊子は現在も発刊されているのでしょうか~。

 私も拙いブログですが、夢と希望、そして愛と平和をテーマに記事をアップしていきたいと思っております。どうぞ宜しくお願い致します~!

投稿: ルーシー | 2006年7月26日 (水) 01時34分

ルーシーさん、こんばんは~。

ルーシーさんの詳細な記事に比べ、私のは・・・とTBを躊躇していたのですが、ルーシーさんのTBを受けて、こちらからもTBさせていただきました~。
すいませ~ん。

投稿: indoor-mama | 2007年1月29日 (月) 23時07分

すいません、ルーシーさん。

記事の修正などしていましたら、TBのURLを消し忘れていて何度もTBが送られてしまいました~。

もし、スパムのようになっていたら、お手数ですが消しておいてください・・・ごめんなさい。

投稿: indoor-mama | 2007年1月29日 (月) 23時36分

 indoor-mamaさん、おはようございます!

 南極の昭和基地の記事、勉強になりました。
さまざまな人類の挑戦の舞台のひとつともなっている南極は依然として神秘のベールに包まれていますね~。 最後の秘境なのかも知れません。

 >記事の修正などしていましたら、TBのURLを
 >消し忘れていて何度もTBが送られてしまいました~

 いえいえ、私もよくしてしまうミス(?)ですよ~。 でも、トラバされていなかったようです・・・送信されないことってココログ同士でよくあるみたいですね(汗)。南極同様(?)不思議です(笑)。
お手数ですが、再チャレンジお願い出来ますでしょうか?

投稿: ルーシー | 2007年1月30日 (火) 05時17分

この記事へのコメントは終了しました。

«  ギター練習法 | トップページ |  二十四の瞳 »