«  戦艦大和 | トップページ |  ゲーテ »

レッド・ツェッペリン

Nec_0046
 私はもちろんビートルズが一番メインですが、いろいろな音楽にも耳を傾けます~ビートルズオンリーの閉鎖的な聴き方はしません。 (皆さんそうですよね?) ある程度さまざまなジャンルを聴くことで耳を鍛え(?)、バランスよく判断をしたいからです。 こう書くと硬い感じですが、簡単に表現すると、「いい曲、名曲は星の数ほどあれど、その中でもビートルズが特に好き~」~です。 皆さんも各自それぞれフェイヴァリット・ソング、お気に入りアーティストがいることでしょう~。

  今夜は、私のお気に入りブリティッシュ・ロック・バンドのひとつ、「レッド・ツェッペリン」について載せたいと思います。 かなり世界的に有名ですし簡単な紹介をしますと~、1968年にデビュー、メンバーは ヴォーカル - ロバート・プラント、ギター - ジミー・ペイジ、ベース - ジョン・ポール・ジョーンズ、ドラムス - ジョン・ボーナムの4人。 独特なリフを多用したサウンドでハードロックスタイルを確立。 1970年にはビートルズを凌ぐほどの人気!1973年、ロバート・プラントの声帯不良によりツアーが減る。1980年、ジョン・ボーナムの事故死で解散・・・・・。 ~と、このツェッペリンも波乱万丈な歴史を持っていますね。
Nec_0045_5

 しかしその音楽性は独創的であり、今なお高く評価され続けているのです。 ジミー・ペイジは伝説のバンドあのヤード・バーズの歴代3大ギタリストの一人であり、一時期テクニック云々で揶揄されたこともありましたが、その個性的なリフ構成やメロディアスなギターソロ、そして何よりギターヒーローにふさわしいパフォーマンスとルックスは当時突出したカリスマ性がありました。

 ところで、ツェッペリンも数々のヒット曲がありますが、私がおススメするのはやはりアルバム 「レッド・ツェッペリン Ⅳ」ですねぇ~。 「ロックン・ロール」や「ブラック・ドッグ」、そして言わずと知れた名曲「天国への階段」~私も若かりし頃、指が腱鞘炎(けんしょうえん)になる位(笑)ギターをコピーしたものでした~懐かしい! またロバート・プラントのヴォーカルは絶好調!?であり、ジョン・ボーナムのドラムも素晴らしすぎです! まだ聴かれてない方がいましたら一度聴いて欲しいですね~、その独特のグルーヴを!
 ( 上下 - 10年以上前?の古いイラストですみません・・・)

 ではブログの趣旨に強引に戻りまして~(笑)~今夜のビートルズ・ソングですが、リフ作りが上手いのはジョンやジョージも同じですね~、そんなリフから構成された中期のポップな名曲を選曲します! 

 ☆ I Feel Fine.   (1966年に来日し、武道館ライヴでも演奏されました。当時フィードバックが物議をかもしたり、少し前に何かのCMで流れてましたね~)

THE SONG REMAINS THE SAME ― 狂熱のライブ DVD THE SONG REMAINS THE SAME ― 狂熱のライブ

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2000/03/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ☆ 劇場用映画として制作されたツェッペリンのライヴ・ドキュメンタリー。 1973年の4人のパワー全開ライヴは必見です!!
 

|

«  戦艦大和 | トップページ |  ゲーテ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
僕もZep大好きです。僕は「フィジカル・グラフィティ」好きですね~!音楽の内容は勿論ですが、ジャケットも好きでした。でもCDでは・・・。

「Ⅳ」はジャケットの何処にもバンド名、アルバムタイトルが記されていないというのも面白いですね。

投稿: 山品@仙台 | 2006年4月11日 (火) 06時42分

 山品さん、コメントありがとうございます。
私も「フィジカル・グラフィティ」好きですよ~、二枚組でヴォリュームありますが、曲の完成度も高く傑作だと思いますし、「プレゼンス」のトータル性も抜群ですね!
 私もベガルタ仙台は注目して応援しています!

投稿: ルーシー | 2006年4月12日 (水) 10時01分

どうもです。このバンドはビートルズと同じで自分の状況や年齢、気分などによってその時の一番好きなアルバムや曲が決まりますよね。ですが、Ⅳは別格ですよね!

投稿: pag | 2006年4月13日 (木) 00時01分

 pagさん、コメントありがとうございます。おっしゃるとおり、ツェッペリンは聴くものの状況で好みの曲が変化しますね。
 とかく同時期のサバスやパープルと比較されますが、それぞれが色合いが違うので、やはり安易に比較は出来ませんね~。
 ではまた寄らせて頂きますね!

投稿: ルーシー | 2006年4月13日 (木) 22時26分

おはようございます。

先日は私のブログにコメントいただいて、ありがとうございました。

30年以上前の作品達なのに、いまだに影響を与え続けるバンドですものね。

やはり、ロックはZepですよね^^

投稿: donky | 2006年6月 5日 (月) 06時54分

 donkyさん、コメントありがとうございます。

 「ブラック・ドック」を聴きながら書いてます~♪
 donkyさんのZepの記事はとても詳しく参考になりますね~、独特のグルーヴはやはりファンであればとても重要なポイントですし、最近のハード・ロック・バンドではなかなか聴けない所です。
 ♪ ではまたお邪魔しますね!

投稿: ルーシー | 2006年6月 5日 (月) 20時02分

私も来てしまいました。 私、ZEPでは フィジカル・グラフィティがBESTです。

カスタード・パイ~ローバーとくると、もうノリノリです。

あと、ライブ盤の「永遠の歌2枚組」も大好き!

投稿: Mocchy | 2006年6月 6日 (火) 08時06分

  Mocchy さん、こちらへもコメントありがとうございます。

 ジャズのみならず、Zepにも精通されていて頭が下がります。 仰るとおり、「フィジカル・グラフィティ」は名盤ですねぇ!

 彼らの曲には独自の世界、雰囲気がありますね~ペイジの強い個性が最上の形で影響し、表現されていると思います。

 では、またお邪魔致します~!

投稿: ルーシー | 2006年6月 6日 (火) 16時43分

ルーシーさん、TBありがとうございました。
是非!!「嵐が丘」にコメントお待ちしておりまする~(笑)
私、去年このdvd購入しました。リアルタイムでは良く知りませんが、兄がファンでした。
ルーシーさんと同じ年代?かな??(笑)
私も、ルーシーさんと同じくブリティシュ・rockファンです。(アビーロードスタジオも見てきましたよ♪)「ZPⅣ」もいいですけど「Ⅱ」もいいと思いませんか?
私の世代だと、dread ZEPPELINっていうvoがプレスリーでⅣ全て同じ曲目で、レゲエにしてしまったパロったふざけたアルバム持ってますよ♪
(ジミー・ペイジが凄い怒ったらしいです(>_<)
この時代は本当に黄金時代ですよね~ちなみにpink floydとかは聴かないんですか?floydのストラトキャス「狂気」もう。。。しびれまするぅ♪

投稿: roko | 2006年10月15日 (日) 21時05分

 rokoさん、コメントありがとうございます。

  >「嵐が丘」にコメントお待ちしておりまする~
あれっ?まだコメント入れてませんでしたか~失礼しました、後ほど伺いますね~。

 >ルーシーさんと同じくブリティシュ・rockファンです
そうですか~ブリティッシュ・ロックってアメリカン・ロックにはない哀愁がありますよね、北欧特有というか・・・アメリカは逆にカラッとしたウエスト・コースト・サウンドや南部の泥臭いブルースやジャズなど特性がありますね。
 今回記事にした「嵐が丘」と「風と共に去りぬ」の違いのような・・・

  「ZPⅡ」もいいですね! 「胸いっぱいの愛を」に「レモン・ソング」、「ハート・ブレイカー」なんかよくコピーしました。 一番好きなギター・ソロはやはり「天国への階段」でした~ああいうメロディアスでドラマティックなフレーズが大好きなんです♪ 弾いていて楽しいというか、ハハ。

 ピンク・フロイドは最近聴いていませんが、「狂気」や「ザ・ウォール」なんかはビートルズで言う「サージェント・ペパー~」的な革新的アルバムでしたね~!
 60~70年代はまさしく音楽界のカンブリア紀のようなさまざまなジャンルが広がった時代でした。ルネッサンスとはまた違う・・・ね?

 他にもジミ・ヘンやジャニス、暗いドアーズにZEPやパープル、ブラック・サバス、爽やかイーグルスにドゥービー・ブラザーズ、アバやオリビア・ニュートンジョン、ビリー・ジョエルにエルトン・ジョン、T-レックスにキッス、デヴィッド・ボウィ・・・~~~あ~キリがありましぇん(爆)!! 

 では、では、また楽しい音楽記事期待してますね~♪

投稿: ルーシー | 2006年10月15日 (日) 21時45分

ルーシーさんこんばんわ。

ロックに詳しいルーシーさんにぜひお聞きしたいんですが例の(?)ソフトバンクのCMに使われている歌手はエアロスミスだと思うんだけどあの曲名、何でしたっけ?
キャメロンディアスがオフィス街で黒い服で話しながら歩いているあのバージョンのやつです、
どうしても思い出せず、でも検索するほど情熱はなく、でも高校のころよく聞きながら試験勉強していたあの曲、何だっけ~??と時々思い出しつつイライラしてました。(苦笑)

ビリージョエルにオリビアニュートンジョン、
イーグルスにドゥービーブラザース、キッスにクイーン・・私もよく聞いてましたねー
すごぉーく若いころ・・
あと、思い出せないのをもう2,3ついでにお聞きしていいかな・・
”運命76(75か77だったかも)”の歌手と
”おしゃれフリーク”って言うのを歌っていた
人。もう一度聞きたいけどやはり思い出せない
ドゥービーブラザースの、高校のとき聞いてたあのアルバム名・・25年位前のアルバムだと思うんですが、カセットテープでしか持ってなくて
とっくにどこかへ行ってしまって、あぁ!もう一度聞きたい!でも名前がわからない!!

長くなってすみませんでした、ではまた・・(すごすご退散・・)

投稿: ひーちゃん | 2006年11月21日 (火) 00時22分

 ひーちゃんさん、こんにちは。

 忘れ物があり(汗)、昼休みに自宅へ戻りました~。
先ほどコメント拝見しました。懐かしいアーティストの名がずらりと~いいですよね70~80年代のサウンドは♪

 えっと、ご質問にお答え致しますね。
エアロスミスのお答え~と、キャメロン・ディアスのCMの曲は、
大ヒット曲、「ウォーク・ディス・ウェイ」であります~。
「おしゃれフリーク」はシックの大ヒット・ナンバーですね。
「運命76」もインストでヒットしました。有名な「サタデー・ナイト・フィーバー」の中でも聴かれますね!
ジョン・トラボルタの切れのあるダンスがカッコよかったです~。
あの頃はディスコ、ダンス・ブームでしたし、ビージーズの「ステイン・アライヴ」もよかったですね。

 と、うろ覚えですがよろしいでしょうか~(笑)。

投稿: ルーシー | 2006年11月21日 (火) 12時29分

ルーシーさん、こんばんわ・・・
いろいろお手数おかけしました、ありがとうございます・・先ほど、自分のブログのルーシーさん
へのコメントではとても喜んでいたのですが、今
谷底に突き落とされました・・
一番好きな曲の三分の二くらいのところで、
突然に来生たかおの”夢の途中”が挿入され
ていた・・・(ボーゼン)それも2回も・・・
そして裏面には、まったく記憶のない誰の歌声かさえわからない曲が・・・

あぁ。。当時の私はいったい何を考えていたのか
さっぱりわかりません・・
確かこのテープは同じクラスの男子にダビング
してもらったものだと記憶してますが、なにか
ムッとする事でもあったのかなぁ・・(苦笑)
しかしテープに罪はないし、若気の至りに尽きますね、あ~あ・・
こうなれば、レンタルに望みをかけるしかない
ようです・・

投稿: ひーちゃん | 2006年11月21日 (火) 17時00分

 ひーちゃんさん、こんばんは。

 いえいえ、こちらこそ懐かしい記憶が甦りました~(笑)。
今ではあまりドゥービーを聴かなくなりましたが、初期の切れのあるサウンドや再結成した「サイクルズ」あたりの感じが好きですね~♪

 テープは残念でしたね~、でもレンタルで借りられると思いますよ~(大きめの店でしたら)。
ドゥービーもかなり根強いファンが多いですし、私も今度探して聴いてみますね!

投稿: ルーシー | 2006年11月21日 (火) 20時56分

この記事へのコメントは終了しました。

«  戦艦大和 | トップページ |  ゲーテ »